スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Comment | Trackback

ゲスト続々決定⑫

ゲスト12人目はこの方!!


自然がフィールド!
子どもたちとのキャンプ活動で培った「子どもとの関わり方、子どもたち同士の関わりかたの支援」
ワークショップ形式で、一緒に学びましょう!


ゲスト⑫ 田村 豊さん

tamurayutaka


☆プロフィール☆

 高校卒業後、一般会社員となる。
保育士を目指していたが、野外教育の道で生きていくことを20才の時に決心。

それからは、さまざまな業種での仕事を続け、経験の中で培ったものをもとに、
野外教育を通して「つながりあう社会」をめざし活動している。

2005年に特定非営利活動法人ピープルアクティブライフを設立。

現在も、野外教育の研究ほか、現場教員とコラボし勉強会など、ボランティアで参加している学生のこれからについても活動で得たことを活かしていけるようなアドバイスや指導を心がけている。
現在、学生ボランティア数400名ほど。



【ワークショップ】

子ども達との関わり方、叱り方

今回は、「子ども達との関わり方、叱り方」をみんなで考えていきたいと考えています。

どうすれば、子ども達は子ども同士関わり、クラスの帰属意識を高め、協力、協調していくのか…
学級経営の本質を垣間見れる何かがきっと生まれると思っています。

どう声をかけ、何を大事にし、何を切り離していくのか…

自分と場、子ども達とその関係…
その鍵を握るのはその場に存在するファシリテーターとしての自分自身です。

答えではなく、自分にできることが見つかるそんな場所になればと思っています。
ホームコメント:アイコン Comment0Trackback0

ゲスト続々決定⑪!

ゲスト11人目はこの方!!


photo_nagao01.jpg

ゲスト⑪ 長尾 彰さん

☆プロフィール☆

プロジェクト結コンソーシアム 理事長

日本福祉大学社会福祉学部社会福祉学科(心理臨床カウンセリングコース)卒業後、
東京学芸大学大学院にて野外教育学を研究。
企業、団体、教育現場など、10年以上にわたって500回を超えるチームビルディングプログラムを実施。
文部科学省「熟議」に、初の民間ファシリテーターとして登用される。
NPO法人エデュケーショナル・フューチャーセンター代表理事。


プロジェクト結コンソーシアム
ホームコメント:アイコン Comment0Trackback0

ゲスト続々決定10!


教材について語らせればこの人の右に出る者はいない…
ゲスト10人目はこの方です!!


寺西さん


ゲスト⑩ 寺西 隆行さん

☆プロフィール☆

寺西隆行さん
1973年1月石川県生まれ
東京大学理科一類入学、工学部都市工学科進学
環境工学を専攻する中で、環境問題の解決に一人ひとりの知性・感性の教育の重要性を感じ、教育へ傾倒。

1997年4月 株式会社Z会入社
高校生向け数学教材の編集、Web戦略統括、ハイパーソーシャルメディア開発特命職を経て、現教材編集部理科課課長

◆インタビュー記事
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2009/06/03/5747

◆受賞歴
日経ネットマーケティング イノベーションアワード 2年連続(2009、10年)優秀賞受賞プロジェクトリーダー、他多数
http://business.nikkeibp.co.jp/nmg/special/2010_innovation_result/index.html






☆インタビューにもこたえていただきました☆


①寺西さんの現在の取り組みに対する想い
 
 今の自分の取り組みについて語る、その前に、僕自身が果たさなければいけない「義務」があると思ってます。そして、その「義務」を果たさない限り、想いについて語ることは許されない、と。

 僕の1日24時間のうち、最大の割合を占めるのは、「Z会で働くビジネスマン」であることです。被雇用者である以上、ビジネスを通じて会社に貢献することが最大の義務です。現在、課長と言うポストとその分の給与を頂戴していますから、それに見合うだけの働きを見せなければ、社内外でのすべての言動に説得力はなくなる、という気持ちは強いです。

 そして、Z会で与えられている役職は、「理科課課長」兼「小学生コース担当」です。前者では、理科の教材作成に携わる全ての社員のマネジメントを、後者では、(教科に限らず)通信教育小学生コースを通じ、子どもたちに提供する商材・サービスについて企画・設計する責任者を担当することになります。Z会の会社方針に従いながら、小学生から高校卒業に至るまで最も効果的に「理科」の学力を習得させるには、部下に指示してどういう教材を提供してもらえばよいか、ということと、小学生に家庭学習を「わくわく」して取り組んでもらい、かつ、学力も伸びる教材体系にするにはどうしたらいいか、ということばかりを考え、実行に移していますね。もちろん、僕一人が直接実行するのではなく、「チーム」で最大の効果を挙げることに焦点を置いているわけですが。

 また、家庭では一児の父親ですので、父親がいなくても社会でしっかり生きていけるように、子どもを育て上げることも当然義務ですよね(笑)。

 これらの義務を果たして初めて自らの「想い」を語れるわけですが…これらのことを「やらされ感」なく、楽しみながら、最大効果を目指し義務を果たしていくだけで、どんどんやるべきことは出てくるんですよね。そんな自分の生き方を、ブログやSNSなどのツールを通じて発信していくことで、「フツーのビジネスマンやるのもすげー楽しいぜ」と、一人でも多くの若い人に感じてもらいたい、と思っています。


②寺西さんが今にいたるルーツ

 高校3年生の時に参加した予備校系の勉強合宿にいらっしゃっていた先輩の影響で、「将来は環境問題の解決に取り組みたい」という夢ができました。お陰さまで大学3年に至るまで、希望する「環境工学」を学習できる環境にいることができたのですが、就職を考えるようになって、「はて、僕は、環境の中でも、何をやりたいんだ?」という問いが生まれました。一口に「環境問題を解決したい」といっても、様々な切り口がありますからね。

 自分なりに一生懸命考えて、いったん行き着いた結論が…ちょっとグロくて申し訳ないですが、「なんだ、自分が死ねばいいんだ」だったんですね。人間が一人でもいなくなれば環境に負荷を与えなくてすむわけですから。単純ですが、正解だと思いませんか…?

 でも、じゃあなんで人間って生まれたんだろうという問いもあるわけですし…僕自身が“人間大好き”って性格なのとあわせて、これまた単純に、人間が「共生」できる環境を作りたいよね、と思い直しました。そのためには、環境を大事にする、という良心と、環境を保全するための知恵を持ち合わせた人間ばかりの世の中になればいいんだ!と考え、どんどん「教育」に傾斜することになりました。

 そして、教育において、豊かな心を育む、とか、強くたくましく、などという情操的な側面はよく取り上げられますし、非常に同意を得やすいものですが、「賢くなれ」と堂々と語られることは比較的少ないじゃないですか。でも、どれだけ心がキレイでも、他人の為になるためには、他人を助けるための知恵や技術がないと無理ですよね。心が透明なヤブ医者と、汚いが技術は確かなブラックジャックなら、実は後者の方が世の為になるわけで…。だから僕は堂々と、子どもたちに、知恵をつけろ、頭良くなれ、と言っていきたいし、それができる人間でありたい。そう思い、自分の思っているイメージが叶えられそうなZ会と言う企業を選び、現在に至っています。

 他、寺西隆行とは何者?はすべてこれまでのブログをいろいろご覧いただければわかります(笑)
http://www.zkaiblog.com/histaff


③寺西さんのこれからの夢や目標

 「これを成し遂げたい」という大きな夢は正直ないんですよ。自分と言う人間が、一生懸命生きる中で、出来る限り社会に成果を生み出し続けられればそれでいい、と思っていますので。ですから、目標、となると、ずっと誰かに、社会に、貢献できる人間であり続けること、と言えるかと思います。

 今の自分の立場は「一企業に勤めるビジネスマン」ですよね。そして、日本の多くの大人は自分と同じ立場です。この立場の人間がみんな前を向いて生きていれば、子どもたちはそれだけで活き活きと育つと思いませんか?だから、何よりも、「フツーのビジネスマンでもめっちゃ楽しく生きれるよ」という姿を醸し出し続けることは大切にしています。

 お遊びでこんなの撮っていますので、よろしければご覧ください。映像はウケを狙っていますが(笑)、こちらで語った思いは、素の想いです。

http://www.youtube.com/watch?v=7dS1l2OiafQ


④寺西さん自身を表す漢字一文字、とその理由

 「人」でしょうかね。自分の全ての思索や活動は、「人」と切っても切れないことばかりなので。


⑤参加者へのメッセージ

 教育について様々な問題認識や叶えたい夢、皆さんもいろいろあるかと思いますが、大事な視点は「自分自身がどう関わるか」ということなんだと思います。自分の思っていることは、教師になってできることなのか、それとも教育関連の企業の人間になった方が近道なのか、はたまた教育とは全く関係のない立場からアプローチした方がよいのか…。

 自分は、教育関連の企業人であり、教材編集担当だけではなく、広告宣伝やマーケティングを担当する中で教育へのアプローチを試みた経験もある人間です。そんなこれまでの経験を、皆さんに少しでも還元できれば幸いです。


⑥当日の講演内容(テーマ)

 どのようなことを考えながら教育教材の作成にあたっているか、について、皆さんにお話しできれば、と思います。
一方的に話すことはせず、少し前振りをさせていただいた後は、皆さんの「聞きたい」ことを聞き出して、その内容に合わせたお話しにできれば、と考えています。

教育×マーケティングの人、Z会寺西隆行の「和顔愛語 先意承問」
www.zkaiblog.com






寺西さんに会えば、「こんなにこだわりをもって、またこんなに楽しくビジネスマンをされている人がいるんだ…」
ということが分かります!

寺西さんの「教材」にかけるこだわり、そしてビジネスマンとしての生き様を感じてください!
ホームコメント:アイコン Comment0Trackback0

ゲスト続々決定⑨

ゲスト9人目はこの方です!!

神尾敬子写真

ゲスト⑨神尾 敬子さん


☆プロフィール☆

22歳のとき実家で木村そろばん塾を開塾。
25歳のとき神尾そろばん塾を開塾。
28歳のとき神尾塾に改名し、そろばんと、幼児から小学生の基礎学習科を新設。
30歳のころより幼児のためのプログラムを作成し、幼児教育科を新設。
その後、大人と子どものための書道教室開設
大人と子どものためのパソコンスクール開設
幼児教育から大学受験塾まで現在10教場を展開。
来年は新規事業として、通信制高等学校を開校予定。

教職免許:高等学校 国語
高等学校 書道
中学校 国語






☆インタビューにこたえていただきました☆


1、神尾さんが現在取り組んでいる事に対する思い

 現在経営しているのは、幼稚園から高校生、大学受験までの勉強を対象とした塾です。私は、幼児期の教育がとても大事だと考えています。幼稚園であればその年齢にふさわしい環境に身を置く事で、きちんと考える力が身についたり、コミュニケーション力が育っていきます。そのような力を身につける事で、その後がとても楽になっていく。しかし、その一番大事である幼児期がおろそかにされてしまって、そのためにその後の小学校後半から中学にかけて学力的には問題があって、その後の学校生活が学力の面であまり楽しいものでなくなってしまいます。
幼児期においては子どもの環境は父、母、子の3人の中でしかありません。その環境だけでは、やはり子どもの中の社会性が育っていかないので、それを解消する為、幼児期における社会性を育むための場を提供しています。
親御さん、祖父母の方に加えて、この塾でも大事な事を教える事により育児の一端を担っているという感覚です。


2、神尾さんが今に至るルーツ

 22歳から自分で独立し、そろばん塾を開講しました。初めは親御さんに認めていただけるように様々な勉強をしていきました。一生懸命しっかりした指導者になるために必死でした。
そして、そろばん塾から始まりましたが、生徒の成長を支えてあげるという事が一番重要だという考えで、そろばんだけでなくその時期その時期に適した基礎学力をしっかりつけてあげる。まずは学校で勉強が楽しくなるために学校の勉強を出来るようにしてあげるという事を始めていきました。
そのようにして35年近くこの仕事に携わってきましたが、子どもたちも様々な奇跡を見せてくれるようになり、現在ずいぶんと広がって来ています。
そして、現在見えてきた事は、社会でたくさんの経験値を積んできた魅力的な大人の方が多くいる事です。
そのためにも、今年の12月から書道塾を開講する事をきめました。


3、神尾さんのこれからの夢、目標

 人間、誰でも得意な事、不得意な事があると思います。しかし、その得意なものの中には、本人や周りの人が気づいていないもいのも多いと思います。
例えば、ご父兄の中にも、そろばん3級を持っていたりと、埋もれている魅力ある才能ももっている方が非常に多くいらっしゃいます。
そのような方に人に教える場を提供する事によって、子どもだけが変わるのではなく、大人も変わる事ができる。
大人の魅力を引き出していくということを現在目指しているところです。
そのような才能を発掘し、活躍してもらう場を作る事、さらに、生徒の才能や性格、背景をしっかりと把握し、それに適した校舎に行かせてあげる。
塾版のショッピングモールのような場所が作られればいいなと考えています。
それぞれの得意なものを活用して、塾を運営していく。
子どもから大人まで巻き込んでいきつつ、そのままでは気づかれていない、埋もれている才能を発見して、プロデュースして伸ばしていくというのが、今の私の夢です。


4、神尾さん自身を表す漢字一字とその理由

 道です。

道を歩くという過程。
自分の中に一つの使命があり、それをやっている間は不思議と様々な事がうまくいきます。
自分の使命とは、より多くの人の役に立つ仕事をしていく事。
最終的な、世の中の人たちの役に立つというゴールに向かって、
感じて思った事はとにかくやる
やった事は残る
それが道となる
そのために、道という言葉にしました。

5、参加者へのメッセージ

 どこの場所でお仕事をされていても、自分の持っている力を最大限に発揮していただきたいと考えています。
時間で区切らず、とことんやれば、その中から自分の能力であったり、才能の原型であったりというものが自分で気づけるようになってきます。
そこが見えてくれば自信に繋がり、マニュアル以上の事ができて来て、突出した人材になる事ができると思います。
ですが、時間給だけでその仕事を終わらせていれば、自分の力に気づかないままに終わってしまいます。
以前は指示された事を正確にやるという事が魅力のある人材の条件でした。しかし現在は魅力の条件に対するパラダイムシフトが起こっており、自分で考え、実践していくという事が魅力の条件となってきているのではないかなと思います。
そのような、多くの人に欲しがられるような人材になって頂ければなと思います。

6、当日の講演内容

 私はまず、人事が欲しかったんですね。このような仕事を一緒にしてくれる人を探していて、このような形になっています。
私は、皆さんに自分の考えを持ち、自分の軸で行動していく欲しい人材になってほしいと考えています。
現在学力や学歴だけでは魅力のある人材というわけではありません。学校の名前に溺れず、一人の人間として欲しい人、子どもにいい影響を与えられるほどの人間力のある多様性のある人になってほしいという内容のお話をさせて頂きたいなと考えています。






ふと、自分の使命とはなんなのか考えさせられました。

そのことを考える、気づくためにもたくさんのものを見て触れて感じて学んでいきたいですね^^

ALL全国教育フェスタはそのことを感じる絶好の機会!!

いよいよ来週♪お楽しみに♪

ホームコメント:アイコン Comment0Trackback0

ゲスト続々決定⑧

ゲスト8人目はこの方!!

中山さ~1

ゲスト⑧ 中山 貴美子

☆プロフィール☆

1968年10月4日生まれ
日本で大学を卒業後、カナダへ1年間語学留学。
帰国後は旅行会社、英会話学校などを経て、2000年1月にキンダーキッズインターナショナルスクールを東大阪に開校。
設立のきっかけは我が子にバイリンガル教育をするため。
現在はカナダ人の夫と中学2年生、1年生、小学2年生の3人の母。





☆インタビューにもこたえていただきました☆

―中山さんの、今に至るルーツを教えて下さい
もともと、英語への憧れがあったんです。英語を話せる人を見る度に羨ましく
思っていました。
大学生のときに、「いま、羨ましかったら十年後、二十年後、この先ずっと羨ま
しく思うんだろう」と思い、
英語を勉強してみるために、大学を卒業後、カナダへ留学しました。
日本でいくら良い大学に通っていても、カナダでは英語ができないというだけで
相手にしてもらえなかったり、教養が無いと見られ、
ずいぶんと悔しい思いをして、英語というのは「力」であると感じました。

英語というものは6歳までに、少なくとも12歳までには習得しなければ、
大人になってからどれだけ頑張ってもネイティブのような発音はできないのです。
これからの社会では英語は絶対に必要です。
自分ができなかった分、自分の子どもはバイリンガルに育てたい!と強く思うよ
うになりました。

しかし当時の選択肢は、英会話教室に通わせるか、インターナショナルスクール
に通わせるかのどちらかでした。
当時のインターナショナルスクールは外国人のための学校で、両親が英語を喋れ
ないと入れなかったり
日本人の文化やアイデンティティーを学べなかったのです。
それでは、子どもだけがアメリカの文化になじんでしまい、両親がついていけな
くなってしまいます。
英会話教室は週一回の一時間程度で、それだけで英語が喋れるようになるわけで
はありません。

そうして設立したのが、キンダーキッズです。

外国の幼稚園をそのまま日本に持ってきたプリスクールというのは既にありましたが、
それとキンダーキッズの違いは、
 1)日本人の親でも気軽に子どもを入園させられる 
2)日本の文化・アイデンティティーが育つ 
3)本当の英語力がつく
という3点です。
これが、日本人のためのインターナショナルスクールなのです。

キンダーキッズは、2000年に第一校を設立し、同年に更に2校を開校。
現在は関西を中心として、全国に計13校を開校しています。
昨年東京進出を果たしました。


―現在の活動に対する思いとは?
ひとつは、日本人の英語力を上げたいということです。
現在の日本人の英語力の低さは、正直致命的です。
日本国内ではそうではないですが、海外では英語が出来ないだけで「教養がない
人」と思われてしまいます。
キンダーキッズでは、本物の英語力のある子どもたちを毎年300人以上輩出し
ています。

そしてもうひとつに、「子どもたちは、知らないよりも知っている方が人生は楽
しい」ということがあります。
「知っている」ということだけで、様々なものへの見方や感じ方が変わります。
子どもには、多くの体験や刺激を与えてあげること。キンダーキッズではそのよ
うな充実したカリキュラムを設定しています。


―これからの夢や目標を教えて下さい。
やはり、日本一のインターナショナルスクールになりたいですね。

例えば東京のプリスクールに子どもを通わせるには、月20万かかります。
これでは一定以上の富裕層しか行けないということになってしまいます。
そういうものではなくて、「インターナショナルスクールが、日本人の子どもの
選択肢の一つとして、誰でも行けるもの」にしたい。
そういう思いを持って、これからもキンダーキッズを広めていきたいと思います。


―中山さんご自身を、漢字一文字で表して下さい。
考えればたくさん出るのでしょうけど、すぐに思いつくのは「強」です。
それは、打たれ強く、タフなところがあるからですね。

―フェスタに参加する人たちへのメッセージをお願いします。
子どもには、可能性があります。そして、子どもの頃の時間は返ってきません。
しかし、教育者の子どもに与える影響は、とても大きいです。
だから教育者になる人は、信念やポリシーを持ち、どのように社会貢献するかということを考えるべ
きだと思います。
教育に携わるのであれば、それなりの使命感を持っていなければならないのです。





幼保一体型バイリンガル保育園
KINDER KIDS‐International School


ホームコメント:アイコン Comment0Trackback0
Home Top
 
プロフィール

教育フェスタ

Author:教育フェスタ
11月26~27日に奈良県にて行われるALL全国教育フェスタのブログです☆☆

≪コンセプト≫
Dawn 〜夜明け〜出会いで目覚めるホントの自分
「自分の知らない誰かに出会う。
それは、新しい世界に出会うということ。」

≪概要≫

日時:11月26日(土)27日(日) (朝・夕食付き)
場所:国立曽爾青少年自然の家(奈良県)
費用:一般・12,500円/学生・8,500円
定員:全国より先着300人

お申し込みは、こちら
から♪
詳細は↓
公式HP:http://edufesta.client.jp/

TwitterFacebookもやってます♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。