スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category:スポンサー広告 | Comment | Trackback

ゲスト続々決定⑧

ゲスト8人目はこの方!!

中山さ~1

ゲスト⑧ 中山 貴美子

☆プロフィール☆

1968年10月4日生まれ
日本で大学を卒業後、カナダへ1年間語学留学。
帰国後は旅行会社、英会話学校などを経て、2000年1月にキンダーキッズインターナショナルスクールを東大阪に開校。
設立のきっかけは我が子にバイリンガル教育をするため。
現在はカナダ人の夫と中学2年生、1年生、小学2年生の3人の母。





☆インタビューにもこたえていただきました☆

―中山さんの、今に至るルーツを教えて下さい
もともと、英語への憧れがあったんです。英語を話せる人を見る度に羨ましく
思っていました。
大学生のときに、「いま、羨ましかったら十年後、二十年後、この先ずっと羨ま
しく思うんだろう」と思い、
英語を勉強してみるために、大学を卒業後、カナダへ留学しました。
日本でいくら良い大学に通っていても、カナダでは英語ができないというだけで
相手にしてもらえなかったり、教養が無いと見られ、
ずいぶんと悔しい思いをして、英語というのは「力」であると感じました。

英語というものは6歳までに、少なくとも12歳までには習得しなければ、
大人になってからどれだけ頑張ってもネイティブのような発音はできないのです。
これからの社会では英語は絶対に必要です。
自分ができなかった分、自分の子どもはバイリンガルに育てたい!と強く思うよ
うになりました。

しかし当時の選択肢は、英会話教室に通わせるか、インターナショナルスクール
に通わせるかのどちらかでした。
当時のインターナショナルスクールは外国人のための学校で、両親が英語を喋れ
ないと入れなかったり
日本人の文化やアイデンティティーを学べなかったのです。
それでは、子どもだけがアメリカの文化になじんでしまい、両親がついていけな
くなってしまいます。
英会話教室は週一回の一時間程度で、それだけで英語が喋れるようになるわけで
はありません。

そうして設立したのが、キンダーキッズです。

外国の幼稚園をそのまま日本に持ってきたプリスクールというのは既にありましたが、
それとキンダーキッズの違いは、
 1)日本人の親でも気軽に子どもを入園させられる 
2)日本の文化・アイデンティティーが育つ 
3)本当の英語力がつく
という3点です。
これが、日本人のためのインターナショナルスクールなのです。

キンダーキッズは、2000年に第一校を設立し、同年に更に2校を開校。
現在は関西を中心として、全国に計13校を開校しています。
昨年東京進出を果たしました。


―現在の活動に対する思いとは?
ひとつは、日本人の英語力を上げたいということです。
現在の日本人の英語力の低さは、正直致命的です。
日本国内ではそうではないですが、海外では英語が出来ないだけで「教養がない
人」と思われてしまいます。
キンダーキッズでは、本物の英語力のある子どもたちを毎年300人以上輩出し
ています。

そしてもうひとつに、「子どもたちは、知らないよりも知っている方が人生は楽
しい」ということがあります。
「知っている」ということだけで、様々なものへの見方や感じ方が変わります。
子どもには、多くの体験や刺激を与えてあげること。キンダーキッズではそのよ
うな充実したカリキュラムを設定しています。


―これからの夢や目標を教えて下さい。
やはり、日本一のインターナショナルスクールになりたいですね。

例えば東京のプリスクールに子どもを通わせるには、月20万かかります。
これでは一定以上の富裕層しか行けないということになってしまいます。
そういうものではなくて、「インターナショナルスクールが、日本人の子どもの
選択肢の一つとして、誰でも行けるもの」にしたい。
そういう思いを持って、これからもキンダーキッズを広めていきたいと思います。


―中山さんご自身を、漢字一文字で表して下さい。
考えればたくさん出るのでしょうけど、すぐに思いつくのは「強」です。
それは、打たれ強く、タフなところがあるからですね。

―フェスタに参加する人たちへのメッセージをお願いします。
子どもには、可能性があります。そして、子どもの頃の時間は返ってきません。
しかし、教育者の子どもに与える影響は、とても大きいです。
だから教育者になる人は、信念やポリシーを持ち、どのように社会貢献するかということを考えるべ
きだと思います。
教育に携わるのであれば、それなりの使命感を持っていなければならないのです。





幼保一体型バイリンガル保育園
KINDER KIDS‐International School


スポンサーサイト
ホーム | Category:ゲスト紹介コメント:アイコン Comment0Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

Home Top
 
プロフィール

教育フェスタ

Author:教育フェスタ
11月26~27日に奈良県にて行われるALL全国教育フェスタのブログです☆☆

≪コンセプト≫
Dawn 〜夜明け〜出会いで目覚めるホントの自分
「自分の知らない誰かに出会う。
それは、新しい世界に出会うということ。」

≪概要≫

日時:11月26日(土)27日(日) (朝・夕食付き)
場所:国立曽爾青少年自然の家(奈良県)
費用:一般・12,500円/学生・8,500円
定員:全国より先着300人

お申し込みは、こちら
から♪
詳細は↓
公式HP:http://edufesta.client.jp/

TwitterFacebookもやってます♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。