スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category:スポンサー広告 | Comment | Trackback

ゲスト続々決定③

「学力の樹」といえば、この方!!
ゲスト3人目は・・・・

蠢玲ーエ螳丞翠謨呎肢_convert_20111107200511


ゲスト③ 志水 宏吉教授

☆プロフィール☆
1959年兵庫県生まれ。
東京大学大学院教育学研究科博士課程修了(教育学博士)。
専攻は、学校臨床学・教育社会学。
現大阪大学大学院人間科学研究科教授。
著書に『変わりゆくイギリスの学校―「平等」と「自由」をめぐる教育改革のゆくえ』(東洋館出版社)、『学校文化の比較社会学―日本とイギリスの中等教育』(東京大学出版会)、『調査報告「学力低下」の実態』(共著、岩波ブックレット)、『公立小学校の挑戦―「力のある学校」とはなにか』(岩波ブックレット)、『学力の社会学―調査が示す学力の変化と学習の課題』(共編著、岩波書店)などがある。





☆インタビューにこたえていただきました☆


①現在の取り組みへの想い

 小中学生の学力格差を縮めるために学校に何ができるかということを研究している。
家庭環境の教育的な格差が拡大していると想定され、家庭に教育を任せると厳しい状況におちいる子が増えると思う。
そこを公立学校の力で何とか克服したいと考えている。その点で橋本さんには大反対である。

②今に至るルーツ

 自分が学校でお世話になったから。いい友達、いい先生に巡り合って、それが今の自分につながっているから。
研究で学力のことをずっと扱ってきた中で低学力問題を考えるようになった。
日本の子供の全体が低学力になっているのではなく、できる層とできない層に分かれてきていることが分かった。
学力低下は実質は学力格差の拡大である。そのできない層が誰かというと、家庭環境がきびしい子であることが調査を分析して見えてきた。
そこで家庭に任せると格差が拡大するので、格差を縮めるためには学校の力が必要であり、それを研究している。

③これからの目標や夢

 2014年のブラジルワールドカップに元気に学生と一緒に見に行くこと!
学力問題について1,2年の間にまとまった本をもう一冊執筆すること。
題名だけ決まっていて「マインド・ザ・ギャップ」(ギャップに気を付けろ、学力格差を考えよう)にする予定!

④志水教授自身を表す漢字一字とその理由

 迷うことなく・・・

 志

人間にとって志をもつことは極めて大事だと思っている。
講演会で初めて行った土地では「志水と申します。清くないほうの『しみず』です。清くないけど、志はあります。」
というとだいたい受けてもらえる^^
皆さんも志を持って生きていってください。

⑤参加者へのメッセージ

 誰でも言うことだけれど、大学時代はまちがいなく一番自由な時間がたくさんある。
いろんな場へ出かけて行ったり、いろんな人と逢ったりして、いろいろ経験を積んで視野を広く持ってください。
この時間を大切にしてください。

⑥当日の講演内容

 ”「力のある学校」をつくる”
学力格差の現状がある中で、しんどい層の学力を支えている学校を見つけ、特徴を探る仕事をしてきた。
つながり格差は学力格差の背景にあり、その現状を克服するポテンシャルを持っているのが「力のある学校」である。
その成果を「力のある学校」というコンセプトにして紹介しようと思います。






志水先生との時間、
教育フェスタで出会う仲間、さまざまな人との時間、
ひとつひとつを大切にしていきましょう。

当日をお楽しみに^^







スポンサーサイト
ホーム | Category:ゲスト紹介コメント:アイコン Comment0Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

Home Top
 
プロフィール

教育フェスタ

Author:教育フェスタ
11月26~27日に奈良県にて行われるALL全国教育フェスタのブログです☆☆

≪コンセプト≫
Dawn 〜夜明け〜出会いで目覚めるホントの自分
「自分の知らない誰かに出会う。
それは、新しい世界に出会うということ。」

≪概要≫

日時:11月26日(土)27日(日) (朝・夕食付き)
場所:国立曽爾青少年自然の家(奈良県)
費用:一般・12,500円/学生・8,500円
定員:全国より先着300人

お申し込みは、こちら
から♪
詳細は↓
公式HP:http://edufesta.client.jp/

TwitterFacebookもやってます♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。