スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Comment | Trackback

相馬 裕貴(総括リーダー)九州地区、塾経営者

☆ラッキーセブン☆
第7弾は、今回のフェスタ総括リーダーの相馬裕貴さんです!!

------------------------------------

教育フェスタ最大の強みは、色々な人・学び・チャンスと「出会う」ことが最大の強みと感じています。
多くの人と出会い、新しい学びと出会うことで、自分の器を広げるチャンスと出会うことが一番の収穫だろうと思います。

フェスタには非常に魅力的な人が大勢集まります。それはフェスタという2日間を自分のために投資しようという人であること、今までに何らかのフェスタを経験し、その有用性を肌で感じている人などが集まることがその理由でしょう。

そのようなスタッフが織り成す学びは、大学や世間一般で得られる学びとは一線を画すものが多くあります。日常ではなかなか触れられないテーマや講師との交流を、同じようになかなか出会えない仲間と共に学ぶことは、短時間ながらも非常に密度の濃い時間となります。

これら2つは大きな収穫だが、いずれも「フェスタの間のみ」ではたかが知れています。どれだけ密度の濃い時間であっても、長い人生の中のわずか2~3日では十分に得られるものは少ないのです。
ここで得たチャンス(きっかけ)をスタートとして、これからにどれだけ繋げるかが最も重要です。1年後、5年後、10年後と、ここで得られた出会いから連鎖するものを想像してください。恐らく自分がやりたいと願っていること、全てが実現できるといっても過言ではないはずです。

今回何らかの形で関わってくれている人たちは、その出会いから生まれるものの大きさをイメージできる人だと感じています。
全国教育フェスタの2日間で得られるものではなく、2日間をきっかけとして将来得られる大きな財産を相手にイメージしてもらえるような、そんなアプローチであって良いかなと思います。

因みに俺は、第1回ALL九州教育フェスタに参加(企画)したことで、本気で人生が変わりました。夢を共に追える仲間がたくさんでき、今まで妄想でしかなかったこと(九州に『学び合い』を学び合う文化を作りたい)が1年ほどで実現でき、心からやりたい!と願える仕事(manabiai school)にも携わることができています。心から相談できる人、恩師と仰げる人にもフェスタをきっかけに出会うことができました。フェスタに参加していなければ今の自分はどうなっていたか、想像するのも恐ろしく感じるぐらいです。

フェスタに参加した人全てとは言いませんが、参加することで人生が変わるほどの出会いがあった人は決して少なくないと思います。出会いから生まれたかけがえの無いものを、広報だけでなくスタッフ一人ひとりが自分の経験を踏まえながら、自分の言葉で紡ぐことが、相手に最も価値を伝えられるアプローチではないでしょうか。
スポンサーサイト
ホームコメント:アイコン Comment2Trackback0

川上 貴大(九州チームリーダー)九州地区、2回生

どんどん行きます!!第6弾は、九州チームリーダーの川上 貴大くんです♪

------------------------------

僕は同じ学部の先輩に勧められて、第3回ALL九州教育フェスタに参加しました。

そこで、ある大学4年の先輩と出会いました。
(その人が、第2回ALL九州教育フェスタの実行委員長であることは後から知りました。)

その人の考えの面白さ、行動力、人を惹き付ける笑顔…。

その出会いは僕の人生を変える出会いとなりました。

出会いと学びは刺激となり、刺激は行動の原動力となる。
そして、行動はまた新たな出会いを呼ぶ。
このサイクルの中に身を置き、動き続けることこそが成長である。

その人がよく口にする言葉です。

今では、その言葉の意味を実感しながら、その人が立ち上げたKCNという団体で日々活動しています。

教育フェスタには、そんな、人生を変える出会いがあると思っています。

今度は、そんな素敵な経験をみんなにもしてほしい。
そして、自分自身もっとたくさんの人と出会いたい。成長したい。

そんな想いで、今回地区リーダーをさせていただいています。

ただ、現在九州地区は他の地域と比べても進捗が遅れています。
また、そのせいで本部や他の地域にも迷惑をかけてしまっています。
申し訳ありません…。

「みんなでつくる教育フェスタ」。

九州地区もさらに顔晴っていきたいと思います。
皆さん、よろしくお願いします。
ホームコメント:アイコン Comment0Trackback0

石田裕平(関西ファミリーリーダー)関西地区、3回生

第5弾は、関西ファミリーのリーダー、イケメン石田裕平くんです♪

---------------------------------

自分自身、教育フェスタには参加した事が無いくせにいっちょまえにリーダーやらせてもらってると言う・・・。
それでも、この教育フェスタがどれだけ素晴らしいものかは内容を聞いただけで分かる。
色んな人と話し価値観を広げる事が教師になる上でいや、人と関わって生きて行く上でいかに大事かは言うまでもない。
それがまた「考える」きっかけになるんちゃうかな?
自分もちょっと前までは何も考えずに生きてた。留学にも行ったけどただ勉強してただけ。教育にも興味があるって言ってたけど結局口だけ。そんな自分だった。
それがある団体に参加して、そこである学生達と出会った。
その人達との活動を通していかに自分が何も考えずに生きてきたかを思い知らされた。
学校では自分はいつも先生に従ってたから誉められることも多かった。それが正しいと思ってた。だから知らない内に「先生とかが言う事は全て正しい」みたいな思考停止状態が生まれてたから、何に対しても特に疑問も持たんかったし考えなかった。
でも、色んな事に対してしっかり考え物事を見ている同じ年代の人間に出会って話して、「俺はこれじゃアカン」って心の底から思った。

だから動き始めた。

色んな所に行って、色んな人と話して、教職勉強会を立ち上げ、そして・・・この教育フェスタを主催するおすぎさんこと杉山史哲さんと出会った。
んで、この経験も自分を成長させてくれてる。

自分をこうやって変えてくれたのも結局は「人との出会い」。
その団体に参加する一歩を踏み出したからこそ今の自分がある。
今回はそんなきっかけを教育フェスタが作ってくれてる。
全国から教育に興味のある学生が300人集まるとかヤバくない?
そんなん楽しそうすぎるやん。
皆で教育について語りたすぎるっ!!
絶対楽しいし、それだけじゃなくて数えきれんぐらいの何かが得られると思う。

ホンマに人との出会いはpricelessやで。

これからも俺は色んな人との会話や活動を通して自分の価値観を広げて行きたいし、それによって自分の周りの人たちに少しでも良い影響与えられたらなって思う。

自分がそうしてもらったように、自分も誰かの「考える」きっかけになりたい。

なんか教育フェスタとは関係なくなってる感じやけど、とにかく行くしかないでしょってこと。
教育に興味がある人ならこのイベント聞いたら「うほっ!」なるでしょ?
その自分の中の「うほっ!」を信じて来るべし!

以上。ゆーへーの想いでした。
ホームコメント:アイコン Comment0Trackback0

井手野 貴将(中国チーム)

第4弾は、中国チームの井手野貴将くんです♪

-----------------------------------

ぼくは、理科の先生になりたくて、教育学部に入った。それは必然の流れのようだった。でも、ぼくが違ったのはいろんな人がおる広島大学の教育学部に入ったことだ。先生なるんだったら、いろんな人と関わっていろんなバカなこととかもせんといけんなって思ってたからだろうな。それから今、もっと変って言ったら違うけど未知の世界に一歩足を踏み出そうとしてる。ぼくも、この教育フェスタは興味はあったけど参加する勇気ちょい無くて、でも、スタッフの人に一緒にやろうって誘われてやりはじめたらめっちゃワクワクの毎日。まだ顔も見たことのない人らと一つのもの作り上げていくなんて、非日常すぎる。アドレナリン出まくり(笑)ぼくは教育関心ありまくりだけど、関心ない人の教育に関係ない話も聞いてみたい!絶対ぼくとは違う視点のはず。それはぼくの勉強になるし、逆もまたしかり。一緒にフェスタできる仲間増えたらうれしいっちゃ。鳥取の片田舎から広島の都会に来たけど、それよりさらに広がるつながりに期待大です!長くなったけど、まだ文章にできないこの
想いだけど、フェスタに参加して言葉に少しでも表せたら幸いです。ちなみに、理科の先生に成りたかった理由は理科準備室が自分の城ように思えたから。だってマイキャッスルとかかっけぇーじゃんか(笑
ホームコメント:アイコン Comment0Trackback0

野元 祥太郎(中国チーム)

第3弾は、中国チームの野元祥太郎くんです♪

-------------------------------

私は今年5月に教育フェスタと出会いました。第1回ALL中国教育フェスタです。ある日mixiを通じて届いた「一緒に教育フェスタをつくりませんか?」という1通のメッセージから、フェスタとのお付き合いが始まりました。そのメッセージの送り主は、九州でフェスタを開催した人だとのこと。顔も合わせたことがない発起人と山口のスタッフ、そして広島のスタッフとともに、Skypeを利用しながら約1か月でフェスタをつくりあげました。そこで初めて体験した「フェスタ」。私にとっては、これまでにまったく知らなかった「教育」の世界を知れたこと、日ごろ抱えていた教育への思いや悩みを本音で語り合える仲間ができたことが本当に嬉しかったです。そして、その仲間たちと違う大学や土地にいながら、今もつながり続けていられることを本当に幸せに感じています。
 フェスタを終えて、私の学生生活のモチベーションは一気に高まりました。同じように頑張っている仲間の存在をフェスタで知ることができたからです。教育フェスタは、必ず参加者の方々に「勇気」と「きっかけ」を与えてくれます。それは、どんなカタチであれ新たな一歩を踏み出す勇気ときっかけです。
まずは、ぜひALL全国教育フェスタの空間へ飛び込んでみてください。きっと参加者の方にとって、ターニングポイントとなるであろう時間と空間が待っているはずです。
ホームコメント:アイコン Comment0Trackback0
Home Top
 
プロフィール

教育フェスタ

Author:教育フェスタ
11月26~27日に奈良県にて行われるALL全国教育フェスタのブログです☆☆

≪コンセプト≫
Dawn 〜夜明け〜出会いで目覚めるホントの自分
「自分の知らない誰かに出会う。
それは、新しい世界に出会うということ。」

≪概要≫

日時:11月26日(土)27日(日) (朝・夕食付き)
場所:国立曽爾青少年自然の家(奈良県)
費用:一般・12,500円/学生・8,500円
定員:全国より先着300人

お申し込みは、こちら
から♪
詳細は↓
公式HP:http://edufesta.client.jp/

TwitterFacebookもやってます♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。