スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Comment | Trackback

ゲスト紹介

みなさんお待ちかね!!
ALL全国教育フェスタを彩る、豪華ゲスト陣の情報をお伝えします。

ゲストの名前をクリックすると、
そのゲストのインタビューページへ飛びます。




☆ 苫野 一徳 さん

近著「どのような教育が「よい」教育か」話題沸騰!新進気鋭の哲学・教育学の研究者。
多様で異質な世界の人たちが互いに承認し合う世界を実現する「教育」とは?
現場に立つ、現場に出る「あなた」に聴いてほしい教育に関するお話です。

☆ 志水 宏吉 教授

「年収など経済的要因よりも人間関係の『つながり格差』が学力を左右する傾向にある」
と主張する、大阪大学人間科学研究科教授。
『公立小学校の挑戦--「力のある学校」とは何か』他、著書多数。
公立の先生、公立の先生を目指す学生さんは必聴です!


<インクルーシブ教育> 齋喜 慶三 先生 障がいを持つ子どもたちと関わり続けて30年!現場はどうなってる?聴いてみよう!

<「ひとり」を大切にする保育> あさり保育所所長 相山慈さん
自然いっぱいの島根県で大人気の保育所!見るだけでも守るだけでもない「見守る保育」とは?

<『学び合い』> 伊東宗宏さん
学び合う子どもたちの話を聴けばみんな感動の涙!全員が安心できる学級作りとは?

<教育NPO> Learning for All 代表 松田悠介さん
ハーバードから帰国し日本の教育を変えようと動き出した今最も注目される教育NPO代表が語る日本の教育とは?

<教材論> Z会 寺西隆行さん
教材のことは「プロ」に聴け!Z会教材編集部寺西課長が語る「教材」とは何か?

<地域に根ざした学習塾> 神尾塾 塾長 神尾敬子さん
大阪府下に、そろばん・学習塾を10教室展開!その道30年の地域に根ざす塾の役割って?

 <道徳教育> 私立中学英語教師 木下山多さん
商社マンから、よのなかを変えるために教師に転職!世の中を変えるには何が必要?

<保護者と私> 企業家教育 大西正泰さん
「怪物保護者」と名付けられた彼らはいったい何者なのか?

<英語教育> キンダーキッズ 代表取締役 中山貴美子さん 
日本人のためのインターナショナルでのバイリンガル教育とは?

<教育と震災> プロジェクト結コンソーシアム 理事長 長尾彰さん
「やりたい人」が「できること」を「やれるだけ」  今、私たちにできることとは?

<野外教育> NPO法人ピープルアクティブライフ 代表 田村豊さん
「子どもたちとの適切な関わり方は?叱り方は?」自然の中での子どもたちとの関わりから見えてきた極意とは?


…実は、まだまだ増えます!!
今後もさらに魅力的なゲストが増えていきますので、乞うご期待!
スポンサーサイト
ホームコメント:アイコン Comment0Trackback0

ゲスト続々決定⑬


ゲスト13人目はこの方!!


写真03補正済み



ゲスト⑬ 齊喜 慶三 教諭

☆プロフィール☆

豊中市立第五中学校教諭
豊能地区進路保障協議会事務局長
「障害」をもつ仲間と共に歩む豊中若者の集い

大阪府豊中市に生まれ、豊中市で育ち、豊中市で教師を30年。
初任の頃から「障害」のある生徒も普通学級で「共に学び、共に生きる」教育を実践。






☆インタビューにもこたえていただきました☆


―齊喜先生のお仕事について教えて下さい


 私は「障害」のある生徒の担当でね、「障害」のある子どもがクラスにおったらそのクラスには担任の先生とは別に、その子どもの担当として、「障」担というのが配置されるんですわ。ただね、私たちは、「障」担が子どもに「ついたら終わり」と思とるんです。「障」担がつくことで、子どもたち同士の関係を引き裂いてしまうんでね。

 -先生が子どもたちの関係を引き裂いてしまう…というのは?

 その、「子どもと子どもの間を引き裂くか」ということを証明できるか、と言えば正直わからんのですわ。でも「教師が入ってけえへんかったから共に育ちやった」っていう例はなんぼでもあるんです。もっと逆に言うたら、入ることによって、「結局、あの子には大人が必要なんや」っていう想いを子どもたちに抱かしてしまうんですな。

 30年と教師やってますけれどもね、学校にはいろんな子がおりますやん。金持ちの子もそうでない子もおりましてね。この地域は金持ちの子も多いもんですから、その中に入ったそうでない子ってのはどうしても目立っちゃうんですね。で、そういう子が荒れていってしまったりするんですが、総じてね、そういう荒くれ者の子が「障害」のある子をいじめるっていう例は見たことないです。しんどいのを知っとるんやね。おれもしんどいけど、あいつはもっとしんどいんちゃうやろか、って。そういうのがあるんですわ。

 -子どもたち同士、分かっている、ということですね。

 ひとつ面白い事例がありましてね、正義感の強いAちゃんって子がいましてね、その子は服装が乱れてるほかの子を見たら、注意しちゃうんです。「それ、だめだよ」とかって。その子を知らん子は「なにゆうとんねん」ってなるでしょ。でも小学校からお互いに知ってるから、注意された方の子は直す…訳はないんやけれども(笑)、「あ、ごめんごめーん」とか言って、その子はいわゆる「ワル」ですよ、とんでもない「ワル」(笑)ね。ふざけてゆうとるんですね。でもそういう付き合いしてやるんですわ。それってすごいことでしょ。もしそこでね、教師が入っちゃうとね、Aちゃんが「その服装いけないんだよ」って言おうとした時に教師が止めちゃうんです、「あ、危ない」って、「ワルにその子がやられへんか」って思って。で、そのワルの子にしたって、「おれ悪者になったやんけ」ってなってしまう。Aちゃんが注意したときに、「あ、ごめんごめーん」って言うような関係があるんやったらね、ほっといたったらいいんです。変に大人が入るからいかんのです。

 -子どもたち同士で育つ、ということですね。

 若い先生とか、血気盛んな先生がね、「障」担とかなってね、「おれがなんとかしなきゃ」って思ったことで、子どもらの間に入り込んで子どもらの関係を裂いちゃうんですね。特にね、小学校から中学校へあがるとき、あるいは中学校から高校へあがった時にその入り込みがあると、子どもたちは「小学校までは一緒に勉強できたけど、中学になるとやっぱり勉強が難しくなるから無理なんやな」ってそういう風に学習してしまう。そうすると、子どもたちは「その子は別なんや」って意識になってしまいやるんですね。それが問題なんですわ。

 普通の先生はね、「障害」のある子どもがクラスにおったらね、「入り込みにきてください」って「障」担の先生にお願いするんですけれどね、「入り込みに来てもらわなくてもいいですよ」って言われるとね、うれしいですね。まぁでもそれでもやっぱりね、危険な作業とか、すべての子どもたちに目を配る必要がある実習とかね、そういう時には、「入り込み来てください」ってなりますし、それでいいんですけれども、それでもね、入らん学校で大事件が起きるかって言うとね、起きない。子どもはね、「障害」のあるなしに関わらず、気になる行動する子がクラスにおったらね、誰か必ず見てくれてます。そこでね、教師が入り込みをした歴史をもったクラスがあるとね、子どもたちは、見なくなる。教師が助けてくれるやろう、ってのがあるから。でも子どもたち同士はね、お互いのしんどさも分かってるんですね。ちゃんと見て一緒にやりはるんですわ。


―齊喜先生の夢を教えていただけますか?
 
 これは理想、なんですけれどもね、知的「障害」と言われる人たちでもね、雇える社会にしたいですね。最近では、「障害」があるけれどもパソコンが出来る、というような人が雇われたりしてますが、そういうのがなくても、『知的「障害」「だからこそ」』雇えるような社会がいいですね。こういう人がおってこそ「社会」だと思います。


―齊喜先生ご自身を、漢字一文字で表して下さい。

そうですね、齊喜の「喜」ですかね。何が喜ばしいことか、何が学校で喜ばしいことか。
幸せ、だけが喜びではないですね。しんどいことをどうやって楽しむか、が大事やと思います。
しんどいこともようさんありますけれども、それをどうやって楽しんで活路を見出していくか、ですね。


―当日はどんなお話をしていただけるのでしょうか。

「テル男」物語にしましょうか。

テル男くんっていうね、高機能自閉症の子がいてたんですが、その子の話がめちゃめちゃおもろいんですわ。
町歩いててもね、すごい人気者でね。まぁ彼は人を陥れるのもすごく得意なやつなんですが(笑)。
上下20年くらいの幅の世代の人から知れ渡ってるんですわ。仲間づくりはまちづくり、ですわな。
その彼のエピソードを中心にお話させてもらえたらと思とります。

ホームコメント:アイコン Comment0Trackback0

ゲスト続々決定⑫

ゲスト12人目はこの方!!


自然がフィールド!
子どもたちとのキャンプ活動で培った「子どもとの関わり方、子どもたち同士の関わりかたの支援」
ワークショップ形式で、一緒に学びましょう!


ゲスト⑫ 田村 豊さん

tamurayutaka


☆プロフィール☆

 高校卒業後、一般会社員となる。
保育士を目指していたが、野外教育の道で生きていくことを20才の時に決心。

それからは、さまざまな業種での仕事を続け、経験の中で培ったものをもとに、
野外教育を通して「つながりあう社会」をめざし活動している。

2005年に特定非営利活動法人ピープルアクティブライフを設立。

現在も、野外教育の研究ほか、現場教員とコラボし勉強会など、ボランティアで参加している学生のこれからについても活動で得たことを活かしていけるようなアドバイスや指導を心がけている。
現在、学生ボランティア数400名ほど。



【ワークショップ】

子ども達との関わり方、叱り方

今回は、「子ども達との関わり方、叱り方」をみんなで考えていきたいと考えています。

どうすれば、子ども達は子ども同士関わり、クラスの帰属意識を高め、協力、協調していくのか…
学級経営の本質を垣間見れる何かがきっと生まれると思っています。

どう声をかけ、何を大事にし、何を切り離していくのか…

自分と場、子ども達とその関係…
その鍵を握るのはその場に存在するファシリテーターとしての自分自身です。

答えではなく、自分にできることが見つかるそんな場所になればと思っています。
ホームコメント:アイコン Comment0Trackback0

ゲスト続々決定⑪!

ゲスト11人目はこの方!!


photo_nagao01.jpg

ゲスト⑪ 長尾 彰さん

☆プロフィール☆

プロジェクト結コンソーシアム 理事長

日本福祉大学社会福祉学部社会福祉学科(心理臨床カウンセリングコース)卒業後、
東京学芸大学大学院にて野外教育学を研究。
企業、団体、教育現場など、10年以上にわたって500回を超えるチームビルディングプログラムを実施。
文部科学省「熟議」に、初の民間ファシリテーターとして登用される。
NPO法人エデュケーショナル・フューチャーセンター代表理事。


プロジェクト結コンソーシアム
ホームコメント:アイコン Comment0Trackback0

ゲスト続々決定10!


教材について語らせればこの人の右に出る者はいない…
ゲスト10人目はこの方です!!


寺西さん


ゲスト⑩ 寺西 隆行さん

☆プロフィール☆

寺西隆行さん
1973年1月石川県生まれ
東京大学理科一類入学、工学部都市工学科進学
環境工学を専攻する中で、環境問題の解決に一人ひとりの知性・感性の教育の重要性を感じ、教育へ傾倒。

1997年4月 株式会社Z会入社
高校生向け数学教材の編集、Web戦略統括、ハイパーソーシャルメディア開発特命職を経て、現教材編集部理科課課長

◆インタビュー記事
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2009/06/03/5747

◆受賞歴
日経ネットマーケティング イノベーションアワード 2年連続(2009、10年)優秀賞受賞プロジェクトリーダー、他多数
http://business.nikkeibp.co.jp/nmg/special/2010_innovation_result/index.html






☆インタビューにもこたえていただきました☆


①寺西さんの現在の取り組みに対する想い
 
 今の自分の取り組みについて語る、その前に、僕自身が果たさなければいけない「義務」があると思ってます。そして、その「義務」を果たさない限り、想いについて語ることは許されない、と。

 僕の1日24時間のうち、最大の割合を占めるのは、「Z会で働くビジネスマン」であることです。被雇用者である以上、ビジネスを通じて会社に貢献することが最大の義務です。現在、課長と言うポストとその分の給与を頂戴していますから、それに見合うだけの働きを見せなければ、社内外でのすべての言動に説得力はなくなる、という気持ちは強いです。

 そして、Z会で与えられている役職は、「理科課課長」兼「小学生コース担当」です。前者では、理科の教材作成に携わる全ての社員のマネジメントを、後者では、(教科に限らず)通信教育小学生コースを通じ、子どもたちに提供する商材・サービスについて企画・設計する責任者を担当することになります。Z会の会社方針に従いながら、小学生から高校卒業に至るまで最も効果的に「理科」の学力を習得させるには、部下に指示してどういう教材を提供してもらえばよいか、ということと、小学生に家庭学習を「わくわく」して取り組んでもらい、かつ、学力も伸びる教材体系にするにはどうしたらいいか、ということばかりを考え、実行に移していますね。もちろん、僕一人が直接実行するのではなく、「チーム」で最大の効果を挙げることに焦点を置いているわけですが。

 また、家庭では一児の父親ですので、父親がいなくても社会でしっかり生きていけるように、子どもを育て上げることも当然義務ですよね(笑)。

 これらの義務を果たして初めて自らの「想い」を語れるわけですが…これらのことを「やらされ感」なく、楽しみながら、最大効果を目指し義務を果たしていくだけで、どんどんやるべきことは出てくるんですよね。そんな自分の生き方を、ブログやSNSなどのツールを通じて発信していくことで、「フツーのビジネスマンやるのもすげー楽しいぜ」と、一人でも多くの若い人に感じてもらいたい、と思っています。


②寺西さんが今にいたるルーツ

 高校3年生の時に参加した予備校系の勉強合宿にいらっしゃっていた先輩の影響で、「将来は環境問題の解決に取り組みたい」という夢ができました。お陰さまで大学3年に至るまで、希望する「環境工学」を学習できる環境にいることができたのですが、就職を考えるようになって、「はて、僕は、環境の中でも、何をやりたいんだ?」という問いが生まれました。一口に「環境問題を解決したい」といっても、様々な切り口がありますからね。

 自分なりに一生懸命考えて、いったん行き着いた結論が…ちょっとグロくて申し訳ないですが、「なんだ、自分が死ねばいいんだ」だったんですね。人間が一人でもいなくなれば環境に負荷を与えなくてすむわけですから。単純ですが、正解だと思いませんか…?

 でも、じゃあなんで人間って生まれたんだろうという問いもあるわけですし…僕自身が“人間大好き”って性格なのとあわせて、これまた単純に、人間が「共生」できる環境を作りたいよね、と思い直しました。そのためには、環境を大事にする、という良心と、環境を保全するための知恵を持ち合わせた人間ばかりの世の中になればいいんだ!と考え、どんどん「教育」に傾斜することになりました。

 そして、教育において、豊かな心を育む、とか、強くたくましく、などという情操的な側面はよく取り上げられますし、非常に同意を得やすいものですが、「賢くなれ」と堂々と語られることは比較的少ないじゃないですか。でも、どれだけ心がキレイでも、他人の為になるためには、他人を助けるための知恵や技術がないと無理ですよね。心が透明なヤブ医者と、汚いが技術は確かなブラックジャックなら、実は後者の方が世の為になるわけで…。だから僕は堂々と、子どもたちに、知恵をつけろ、頭良くなれ、と言っていきたいし、それができる人間でありたい。そう思い、自分の思っているイメージが叶えられそうなZ会と言う企業を選び、現在に至っています。

 他、寺西隆行とは何者?はすべてこれまでのブログをいろいろご覧いただければわかります(笑)
http://www.zkaiblog.com/histaff


③寺西さんのこれからの夢や目標

 「これを成し遂げたい」という大きな夢は正直ないんですよ。自分と言う人間が、一生懸命生きる中で、出来る限り社会に成果を生み出し続けられればそれでいい、と思っていますので。ですから、目標、となると、ずっと誰かに、社会に、貢献できる人間であり続けること、と言えるかと思います。

 今の自分の立場は「一企業に勤めるビジネスマン」ですよね。そして、日本の多くの大人は自分と同じ立場です。この立場の人間がみんな前を向いて生きていれば、子どもたちはそれだけで活き活きと育つと思いませんか?だから、何よりも、「フツーのビジネスマンでもめっちゃ楽しく生きれるよ」という姿を醸し出し続けることは大切にしています。

 お遊びでこんなの撮っていますので、よろしければご覧ください。映像はウケを狙っていますが(笑)、こちらで語った思いは、素の想いです。

http://www.youtube.com/watch?v=7dS1l2OiafQ


④寺西さん自身を表す漢字一文字、とその理由

 「人」でしょうかね。自分の全ての思索や活動は、「人」と切っても切れないことばかりなので。


⑤参加者へのメッセージ

 教育について様々な問題認識や叶えたい夢、皆さんもいろいろあるかと思いますが、大事な視点は「自分自身がどう関わるか」ということなんだと思います。自分の思っていることは、教師になってできることなのか、それとも教育関連の企業の人間になった方が近道なのか、はたまた教育とは全く関係のない立場からアプローチした方がよいのか…。

 自分は、教育関連の企業人であり、教材編集担当だけではなく、広告宣伝やマーケティングを担当する中で教育へのアプローチを試みた経験もある人間です。そんなこれまでの経験を、皆さんに少しでも還元できれば幸いです。


⑥当日の講演内容(テーマ)

 どのようなことを考えながら教育教材の作成にあたっているか、について、皆さんにお話しできれば、と思います。
一方的に話すことはせず、少し前振りをさせていただいた後は、皆さんの「聞きたい」ことを聞き出して、その内容に合わせたお話しにできれば、と考えています。

教育×マーケティングの人、Z会寺西隆行の「和顔愛語 先意承問」
www.zkaiblog.com






寺西さんに会えば、「こんなにこだわりをもって、またこんなに楽しくビジネスマンをされている人がいるんだ…」
ということが分かります!

寺西さんの「教材」にかけるこだわり、そしてビジネスマンとしての生き様を感じてください!
ホームコメント:アイコン Comment0Trackback0
Home Top
 
プロフィール

教育フェスタ

Author:教育フェスタ
11月26~27日に奈良県にて行われるALL全国教育フェスタのブログです☆☆

≪コンセプト≫
Dawn 〜夜明け〜出会いで目覚めるホントの自分
「自分の知らない誰かに出会う。
それは、新しい世界に出会うということ。」

≪概要≫

日時:11月26日(土)27日(日) (朝・夕食付き)
場所:国立曽爾青少年自然の家(奈良県)
費用:一般・12,500円/学生・8,500円
定員:全国より先着300人

お申し込みは、こちら
から♪
詳細は↓
公式HP:http://edufesta.client.jp/

TwitterFacebookもやってます♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。